幼児期の発育段階に合わせた、知育・徳育・体育のバランスが取れた保育を目指しています。

@健康

自ら健康で安全な生活を作り出す力を養う。

A人間関係

自立心を養い、人と係わる力を養う。

B環境

自然や社会の事象など身近な環境に積極的に係わり生活の中に取り入れる態度を養う。

C言葉

経験したことや考えたことを言葉を使って表現し、人の話す言葉を聞き取る意欲と態度を育てる。

D表現

感じたことや考えたことを表現する意欲を養い、豊かな感性と創造性を育てる。


思いやりや優しい心をやしないます。

 幼稚園では、植物を育てたり、動物を飼ったり、自然とふれあう機会を 多くもつようにしています。それらとのふれあいの中で自然に生命の大切さを知っていきます。又 友達をいたわる心、友達の喜びを一緒に喜んであげられるような心の豊 かさを身につけていきます。


幼稚園ではいろいろな友達ができます。

 幼稚園では、いままでの近所の子どもたちだけの狭い領域では出会わなかったような仲間や事件に出会うことでしょう。はじめは怖いながらも、やがて好奇心をそそられ、新しい友達をつくりより広い社会へと歩きはじめるのです。

 
集団生活で自立心が育ちます。

 
はじめて母親の手もとをはなれた子どもたちは、トイレでのパンツの上げ下げにもとまどうことがよくあります。しかし、たくさんの仲間たち上手にするのを見て刺激され、すすんで自らするようになったりします。集団生活のなかで自立心を身につけた子どもたちは、家庭のなかでもとくい顔で身のまわりの始末をするようになっていきます。


知的好奇心を高めます。


 
心身の発達の著しい幼児期は、自分の回りのあらゆる環境に興味を示し、それらを吸収していこうとします。幼稚園では、保育の中に「漢字遊び」や「数の遊び」等を取り入れ、知らず知らずのうちに知識の輪が広がっていくように努めています。


幼稚園ではルールの大切さをまなびます。


 大勢の子どもたちが集まってくる幼稚園では、「水を飲む」ということ一つについても「順番を待つ」というルールを守らなくてはなりません。家庭でとかく甘やかされがちな子どもたちも、幼稚園ではルールを守るようになっていきます。また、そうすることによってみんなと仲良くやっていけることをまなび、社会性が育っていくのです。



創造する喜びを知りはじめます。


 絵をかいたり、廃品を利用して何かを作ったり、創作活動は幼稚園の活動の大きな柱のひとつです。子どもたちはちょっとしたことで自信を持ち、喜んで取り組むようになるということがよくあります。幼稚園では子どもたちの創造力をすなおに伸ばすよう、さまざまな創作活動を行っています。



特色ある保育

【自由遊びを大切にしています】

ひなた村(幼稚園から100m)


開進ドーム
子供にとって「自由にのびのびと遊ぶ」ことは、 幼児期の生活で最も大切なことです。子供は多くの友達との遊びを通して、社会生活に必要な規則・生活習慣・判断力・知識を学んでいきます。
開進幼稚園では、登園するとまず園庭で年少から年長まで混じりあって、自由遊びが始まります。(その後スイッチを切り替えて手活動に入っていきます)
また、毎月1回土曜日は行事日もしくは1日中遊ぶ日(自由登園日)になっており、自由登園日では「ひなた村」へ行って思いっきり遊んで来たり、また園内では「制作遊びの部屋」「ままごと遊びの部屋」「ブロック遊びの部屋」「絵本読みの部屋」 「園庭での自由遊び」などの学年やクラスに関係なく、好きな遊びを自由に選ぶことができます。
【天野式幼児リトミックを保育に導入】

ホールでリトミック

ピアノのリズムに合わせて、歩く、跳ぶ、走る、手を打つ、躍る等の簡単な基本動作を繰り返し、だんだん複雑な動きへと進んでいくもので、子どもたちが好んで取り組むようにアレンジされたリズム遊びです。子どもたちの集中力、積極性、協調性の育成とともに、表現活動を通して、情操豊かな心を育てることを目的にしています。

【漢字を使った保育】

漢字カルタ大会
(1月の恒例行事です)

小学校で行うような、漢字を暗記させる勉強ではありません。絵本やお友達の名前、日常教室で先生が黒板に書く文字など、あえて平仮名だけの文字にしないで、漢字混じりの文字を使います。大人もそうであるように、幼児にとっても理解が容易だからです。ただし漢字を書かせることはしません。漢字は書くには大変な文字ですが、読むにはこれ程容易な文字はありません。大人のように漢字コンプレックスがない幼児期に、マークや記号のように普通に漢字に触れさせることは、むしろ自然なことであり、集中力を高めるものでもあります。やがて自ら文字を理解できる喜びを知り、読書好きな子になってくれればと願っております。(石井式漢字教育)
【体育指導】


専任の男性体育教諭により、活力のある健康な体を作るため、週1回くらいの割で(年少は月1回程)体育指導を行っております。
【温水プール】

開進ドーム(温水プール)
5月から9月頃まで、天候にかかわらず、快適な状態で水遊びや水泳の基礎を行います。水に慣れ親しみ健康な体を作ることを目的にして います。
【楽器指導】
音階楽器として、ピアニカを年中から使用します。幼児期に身に付くと言われている音感、リズム感の育成だけではなく、自分でメロディーを奏でることができる喜びが実感でき、自信へとつなげることも狙いとしています。
【給食】

幼稚園給食の一例

こども園の給食風景
専任栄養士によるバランスの取れた給食を、月曜から金曜まで実施しています。(保育認定児は夏冬春休みや土曜も可)但し毎月1回だけはお弁当の日があります(希望すれば給食もたのむこともできます)。
毎日こども園内のキッチンで作られる給食は、各クラスに出来たてホヤホヤの状態で届けられ、幼稚園児は配膳や片付けも楽しみながら参加します。(幼稚園のみ毎週水曜は、当園向かいにあるベーカリーから焼きたてのパン給食を実施しています)